スイングトレード

« Back to Glossary Index

スイングトレード(Swing Trading)

ざっくり概要

スイングトレードとは、数日から数週間の短期間で売買するトレードの手法です。

スイングトレードでは、トレンドの波(価格の上下)を利用して「安い時に買って、高い時に売る」ので、トレンドが続いている間はポジションを維持したままにしておいて、トレンドが変わる時に売ったり買ったりする方法です。

よく聞くのは「 デイトレ (デイトレード) 」ですが、デイトレは1日内で取引を終わらせるので、日をまたいで翌日まで取引を続けたりしません。

より詳しく

スイングトレードは、株式、為替、仮想通貨(暗号資産)などの取引でも利用することが可能です。

取引の期間が数日から数週間となるので、日足のチャートを使って取引を始めるタイミングを見定めることが多いようで、テクニカル分析も利用することでより良いタイミングを狙います。

現物取引の場合は、「安い時に買って、高い時に売る」ことになりますが、信用取引をしている場合は「高い時に売って、安い時に買い戻す」ことも可能ですが、予想とは逆に価格が動いた場合は、損失が大きくなる前にロスカットする判断が必要になります。

 

 

 

参考にするとわかりやすいサイト

スイングトレードとは?成功する株取引のコツを紹介 -
株取引を始めたばかりの時は、どうやって利益を出せばいいのかわからないという人も多いでしょう。ぜひ知っておいていただきたいテクニックがスイングトレードです。基本からメンタル術までまとめました。
スイングトレードとは?(完全初心者ガイド) - Bybit Learn
信用取引のスイングトレードとは│信用取引 気になるポイント│SMBC日興証券
スイングトレードとは、2、3日から数週間の短期間で売買を完結させるトレード手法です。現物取引でも可能ですが、資金効率、取引コストを考慮すれば、レバレッジを効かせられる信用取引に適した取引手法といえます。スイングトレードの基礎知識と、初心者向けの売買手法とコツについて説明します。
« 用語集一覧に戻る
タイトルとURLをコピーしました