ファンダメンタルズとは

学んだこと

ファンダメンタルズ (fundamentals)

ざっくり概要

「fundamentals(ファンダメンタル)」は、最後に「s」が付いているので英語の複数形になっていますが、「s」を取って「fundamental(ファンダメンタル)」を調べると以下のような意味になります。

基本の、基礎の、根源の、根本的な、根本からの、本来的な、重要な、主要な、必須で、なくてはならなくて
引用元:fundamentalとは ーWeblio 辞書

これが複数形で「fundamentals(ファンダメンタルズ)」となって、経済・金融・証券用語として日本語に訳すと「経済の基礎的諸条件」となり、国や企業の経済活動状況を示す基礎的な要因のことを指します。

似た言葉で「ファンダメンタルズ分析」や「ファンダメンタル・バリュー」というものもあります。

より詳しく

国や地域の「ファンダメンタルズ」の場合は、経済成長率・物価上昇率・失業率・財政収支などになり、企業の「ファンダメンタルズ」の場合は、売上高や利益といった業績・PER (株価収益率)・PBR (株価純資産倍率)・ROE (株主資本利益率)・資産・負債などの財務状況などになります。

対象がどちらであれ「基礎的な価値のこと」を指しているので、1つの定義ではなく様々な要因が含まれるようです。

そのため「ファンダメンタルズ分析」では様々な指標を分析・調査して、本質的価値(ファンダメンタル・バリュー)を調べることとなります。中長期投資の1つ「バリュー投資」でよく使われる分析です。

また、よく対比されるのが「 テクニカル分析 」です。

参考にするとわかりやすいサイト

ファンダメンタルズ│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
「ファンダメンタルズ」の説明。金融・経済...
ファンダメンタルズ|証券用語解説集|野村證券
野村證券のファンダメンタルズのページ。資産運用や退職金・相続などのご相談なら野村證券。株、投資信託、債券、ファンドラップ、NISAなど幅広いラインアップで、店舗でのご相談からインターネット取引まで、あらゆるお客様をサポートいたします。
わかりやすい用語集 解説:ファンダメンタルズ(ふぁんだめんたるず)
ファンダメンタルズ分析|証券用語解説集|野村證券
野村證券のファンダメンタルズ分析のページ。資産運用や退職金・相続などのご相談なら野村證券。株、投資信託、債券、ファンドラップ、NISAなど幅広いラインアップで、店舗でのご相談からインターネット取引まで、あらゆるお客様をサポートいたします。
ファンダメンタルズ分析の基礎知識!割安株で儲ける方法
ファンダメンタルズ分析とはなにか?四季報や財務諸表はどう見たらいいのか?ファンダメンタルズ分析をすれば株で儲ける事ができるのか?など、株式投資で利益を得るために、知っておきたい情報が満載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました